テーマ:文楽

初春文楽

初春文楽公演、今年も行けました。今回は、「七福神宝の入り船」「傾城反魂香」「曲輪ぶんしょう」という楽しい演目で、六代目竹本錣太夫さんの襲名披露もあり、華やかな会でした。お正月気分もそろそろ終わらなくてはいけませんが、たっぷり新春を味わえました。https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/bunraku/2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文楽

半年ぶりに、文楽を観に行けました。今回は「五条橋」「菅原伝授手習鑑」の二本で、太夫、人形遣い、三味線の出演者の解説を交えての観劇でした。人形遣いの修業は、足が一人前に使えるようになるまで15年ぐらい、頭を一人前に使えるようになるまでに15年ぐらい、そして、左手・・(まちがってたらごめんなさい!)と仰っていました。なので、ざっと数えて、立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初春文楽公演

帰国したばかりの頃、義太夫をされている友人(女性なので、女流義太夫と呼ぶのでしょうか)に誘って頂いて、文楽デビュー(もちろん観客として!)してから、劇場の雰囲気や、人形なのに人間を見ているような錯覚になったり、ダイナミックな三味線の演奏に圧倒されたりする、不思議な空間の文楽に憧れを持っていたのですが、なかなか最近、足を運べず、先日やっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more