100年後、200年後

産まれてすぐ、祖父が買ってくれたウサギのぬいぐるみを、いまでも大事にしているのですが、タグに、会社名と日本製だということが書かれていたので、まだその会社があるか、あればそこの会社のウサギをもう一体、欲しいな、と思い、ちょっと調べてみようと思い、インターネットで検索してみたら、会社のことなどは全然出てこなかったのですが、全く同じぬいぐるみの写真(写真を載せた人はずっと使わずに、新品のまま保管していたみたい)が見つかり、びっくりしました。ただ、私のウサギは31年間ずっと一緒にいたので、白ウサギだったのが、灰色になり、毛はごわごわですが、新品よりだんぜん可愛い気がします。スタートは同じウサギなのに顔つきが持ち主によって変わったり、愛着が湧くのは、面白いな、と思った出来事でした。楽器も、たくさん練習して、弦や毛が古くなったらきっちりメンテナンスして、丁寧に扱えば、一生の宝物になりますし、だんだん自分の音色になっていく気がします。100年後、200年後の楽器の状態は私たちは見たり聴いたりできませが、将来、私たちが居なくなった後に使う人が気持ちよく使える様に、愛情を持って大切に使いたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント