小指だけ

怪我したとき、気分は落ち込むし、痛いし、できれば怪我なんて一生経験したくない!と思います。うっかり怪我は、だいたい疲れている時、注意力散漫になる、もしくは疲れていることに気付かず、変な練習をし続けることから発生するのではないかな、と思っています。先日、ちょっとしんどいけど、体は元気で家の中を走り回っていたら、部屋の出っ張った所に小指をぶつけてしまいました。そのあとも寝るまでずっと歩いたり、走ったりできていたのですが、ふと足に目を向けてみると、自分の足じゃないぐらい腫れ上がり、紫になっていて、ギョッとしました。だんだん良くなってきていますが、これが手の小指だったら、と思うとぞっとします。怪我は「我を怪しむ」とあるヴァイオリニストが言っていましたが、自分の体力、注意力が落ちていることを気づく機会なのだと肝に銘じて、慎重に暮らしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック